キャッシングしてもお金はきちんと管理しないと意味が無い

キャッシングしてもお金はきちんと管理しないと意味が無い

非正規社員の方の利用の可否

消費者金融を利用したいのだが、現在の勤務先での雇用形態が正社員ではないということも良くあります。例えばですが、アルバイトやパート、契約社員や派遣社員と言った雇用形態が挙げられます。もしこれらの雇用形態のうち、どれか1つでも当てはまっている場合は、消費者金融の利用が可能なのかどうか、疑問に感じるのも無理はありません。では、非正規社員の場合、消費者金融の利用については可能なのでしょうか。
まず、アルバイト、パート、契約社員については、申込は可能です。申込の段階での年齢が20歳以上であることが前提ですが、毎月の収入は入ってきます。月にいくらの収入があるかについては、仕事内容や勤務時間などによって異なってきますが、毎月収入源を確保できるという点では違いありません。もちろん、この場合も通常通り審査がありますが、これに通ることができれば、所定の金額を得ることができます。では、派遣社員の場合はどうでしょうか。この場合は、派遣のお仕事の雇用形態によって異なります。もし長期的に派遣されていて、レギュラーのお仕事として取り組んでいるのであれば、申込可能です。しかし、1日や2日、あるいは1週間など、短期間の派遣のお仕事に就いている場合は、安定した収入が毎月入ってくるとは言い切れないので、申し込むことができません。しかし、この場合でも、毎月収入が入ってくるお仕事を見つけたのであれば、その時は審査への申込が可能となります。

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed